活動記録

女性党員研修会




 久保りかHP

女性党員研修会会場風景

12月21日(火)、公明党鷺宮支部の女性党員研修会が行われ25名の女性党員が参加しました。
研修として訪れたのは、「女性と仕事の未来館」(港区芝5-35-3 館長・渥美 雅子氏) 同館ではキャリアアップセミナー、起業支援をはじめ、法律相談や心の相談、女性と仕事の歴史に関する展示事業、女性労働に関する専門書を三万五千冊有する図書館など、明るく清潔な館内で女性と仕事に関する多面的な事業・活動が行われています。
今回の研修では、同館の事業内容と施設の案内、女性と労働の歴史について学び、とても有意義な研修を行うことができました。





街宣活動




久保りかHP  

高倉良生議員と共に挨拶に立つ久保りか

10月21日(木)、鷺宮駅頭での街宣活動を実施しました。
高倉良生議員と共にあいさつを行いました。
この中で高倉良生議員は第3回定例会で審査された中野区15年度決算について報告し、公明党議員団として認定に賛成したことについての理由を説明しながら「中野区の財政は引き続き厳しい状況が続いている」と述べ、「その中で工夫をこらし、区民生活を守りぬいて行く」との決意を表明しました。
私からは上鷺宮から中野駅周辺へのバス路線開設の取り組みと進捗状況について報告をし「南北交通網の整備について今後も全力で取り組んで行く」との抱負を語りました。
この日の早朝の街宣活動には総支部青年局のメンバーも参加しました。




中野駅周辺の調査、視察




  久保りかHP

10月18日(月)、高倉良生・斉藤たかてる・飯島きんいち議員と共に、中野サンプラザ屋上より、中野駅周辺の調査、視察を行いました。
公明党中野区議団は過日、中野区に対し、「中野駅周辺まちづくり計画」(中間のまとめ)を提案しましたが、今後の議論を深めるため、警察大学校跡地を含む中野駅周辺が見渡せるサンプラザ屋上から視察したものです。
平成19年開院予定の東京警察病院を含む、跡地の利用についても様々な角度より引き続き調査、検討を行っています。




バスアクセスについての要請




久保りかHP

9月24日(金)、橋本辰二郎都議・江口せい三郎・高倉良生区議と共に、関東バス本社へ中野区の重要課題である上鷺宮・鷺宮地域と中野駅周辺へのバスアクセスについての要請を行いました。
現在、中野区は明年度のバス路線新設に向けて検討を行っています。
応対した関東バス向山丞弥社長からは、「中野区と更に協議を重ね前向きに検討して行きたい。」とのお話をいただきました。





議員研修会




 久保りかHP

28日、新宿区の公明会館で行われた党東京都本部女性局の議員研修会に参加しました。
研修では、当面する政策課題について研さんするとともに、来年の東京都議選の完全勝利を誓い合いました。
浜四津敏子代表代行、藤井常任顧問も同研修に出席。
藤井常任顧問は「公明党議員の根本精神は、団結して大衆の幸福のために戦うことだ」と強調。
浜四津敏子代表代行からは「女性議員一人ひとりの聡明な行動が、そのまま公明党への信頼につながる。日々学び、成長しよう」との話があり、決意を新たにしました。





コミュニティバス調査視察




  久保りかHP

7月26日(月)、江口せい三郎区議・岡本いさお区議(中野区議会交通対策特別委員会委員)と共に、コミュニティバスの調査視察のため武蔵野、国分寺の両市を訪ねました。
武蔵野市のムーバスは、全国的にもコミュニティバス事業の成功事例として注目されているものです。
国分寺市のぶんバスは、平成15年から運行開始され市内の2駅を中心とした2つのルートが運行されています。国分寺市の地域バス運行事業は、当初赤字が心配されておりましたが運行経費をバス会社が企業努力等により黒字へと転換しつつあるそうです。
いずれの市もコミュニティバスの導入に向けて、検討委員会を設け数年間にわたり調査、協議を重ねた上でのバスの運行開始であることや、福祉バスではなく誰にでも利用しやすい駅へ向かうことを目的としたバスであることなどが成功の要因であるようです。
現在、中野区でも交通空白地域にたいするコミュニティバスの陳情等も提出され、区内南北交通に対し、委員会でも協議を重ねているところです。
まずは、交通不便地域である上鷺宮・鷺宮地域を通る中野駅までの路線バスの推進をしていくとともに、コミュニティバスの運行についても調査・検討を続けてまいります。





「文化芸術フォーラムinなかの」





久保りかHP

「文化芸術フォーラムinなかの」が4月22日夜、なかのZERO小ホールで開催されました。
公明党の推進で2001年11月に「文化芸術振興基本法」が制定され、文化芸術関連の予算、税制面での優遇が飛躍的に拡大しました。
池坊保子衆議院議員、元東京都副知事青山やすし様にご講演を頂き、第2部では関係各会の皆さまに有意義なパネルディスカッションを行って頂きました。
ご多忙の中、お集まり頂きました皆さまに心より御礼申し上げます。


<主催者挨拶>

皆様、今晩は。
主催者を代表いたしまして、一言ご挨拶をさせて頂きます。
私は、フォーラムの実行委員会事務局長を務めさせていただいております、中野区議会議員の久保りかと申します。
本日は、ご多用のなか「文化芸術フォーラム」に、お越しいただきましてまことにありがとうございます。
文化芸術の各分野でご活躍の方々が、こうして一同に会する機会を持つことができましたことを大変うれしく思っております。

私たち公明党は、文化芸術立国・日本を目指し、2001年11月「文化芸術振興基本法」の成立、その後3年間の文化芸術振興の予算・税制優遇など、日本の文化芸術振興充実のために真剣に取り組んでまいりました。
文化芸術の力は、豊かで活力ある社会の形成、幸福と平和を創造する地域社会の構築のための大きな原動力となることは、間違いないと確信しております。

本日のフォーラムは、第1部では池坊保子衆議院議員、元東京都副知事青山やすし様よりご講演を賜ります。
第2部では、関係各会の皆様にご協力を頂いてのパネルディスカッションを通し、助成を受ける仕組みや、支援の拡充がされました内容につきましても説明をして頂くとともに、参加者の皆様と一緒に考える機会として参りたいと思っております。
そして、本日のフォーラムを契機にますます文化芸術振興が推進されますことを願っております。
最後に、今回のフォーラムを開催するにあたり出演者の皆様をはじめ、多くの皆様のご協力を頂きましたことに深く感謝をもうしあげますとともに、お集まり頂きました皆様のますますのご活躍をお祈りいたしまして、主催者の挨拶とさせて頂きます。

本日は、大変にありがとうございました。





公明党中野総支部時局講演会




久保りかHP

3月9日、中野ゼロホールにて公明党中野総支部時局講演会が開催されました。

大泉区議団幹事長の区政報告に続き、久保りかは公明党の女性マニフェストの取り組みと実績の報告をしました。
ついで橋本辰二郎党副代表からは都政報告が、高木陽介衆議院議員からはイラン問題及び年金問題に対する公明党の取り組みと実績の報告がありました。





「手に職つけよう!スキルゲッツシリーズ第1弾」




久保りかHP

公明党 鷺宮支部では鷺宮地域の雇用促進サポート運動として25日、若宮小学校内にある生涯学習施設「オリーブ館」で、「手に職つけよう!スキルゲッツシリーズ第1弾」と題し―実務で使えるエクセル(EXCEL)講座―を開講しました。
(講師:山本正樹氏 講座:全5回)

講座の関係者に話を聞いてみると——


■ 今回開講した講座の目的は?

今の厳しい社会状況では雇用問題が深刻なテーマになっています。どんなに真面目に一所懸命働いていても、いつリストラにあうかわからない。パートで働きたいが条件が合わない等々、仕事にまつわる悩みは数多く聞きます。
しかし、その厳しい時代を力強く生き抜くために、企業が必要としている技術や能力をひとりひとりが身に付けていくためのお手伝い、サポートをしていきたいというのが、この講座の目的です。

■ 講師の山本さんて、どんな人なんですか?

はい、公明党鷺宮支部の副支部長です。東京湾横断トンネルというのがありますよね。1兆円以上もの国家予算を投じてつくられた巨大な海底トンネルです。山本さんは、あの巨大なトンネルを掘ったシールドマシーン(掘削機)の制御システムをつくった人です。

■ 受講者の反応はどうでしたか?

「講座の内容がわかりやすかった」とか「知っているようで知らないことが多くて勉強になりました」とか「ぜひ、友人を誘って参加させたい」と、喜びの声が数多く寄せられています。





総支部代表者会議




 久保りかHP

公明党中野総支部は1月14日、中野区役所9Fで田中区長を迎えて総支部代表者会議を開催しました。
冒頭あいさつに立った田中区長は、中野区議会第一党である公明党の戦いを高く評価するとともに、生活与党公明党の今後の活躍に期待を寄せて下さいました。





新春街頭演説会




久保りかHP 

2004年の開幕にあたり、公明党区議団と共に、1月2日中野駅北口で「新春街頭演説会」を開催しました。これには橋本辰二郎都議会議員も参加しました。