活動記録

品川区立就学前乳幼児教育施設「ぷりーすくーる西五反田」委員会視察




久保りかHP 久保りかHP

ぷりすくーる西五反田

12月22日(木)今年最後の文教委員会として、品川区立就学前乳幼児教育施設「ぷりーすくーる西五反田」へ委員会視察に、行って参りました。以前にもご紹介しましたが、文教委員会に区立幼稚園の存続を望む陳情書が出されています。10か年計画の中で、区立幼稚園2園を廃園し、幼児総合施設に移行して行くという案が示され、廃園までの準備として18年度には、みずのとう、やよいの2園の3年保育の募集を停止するという計画になっています。しかし、中野区の考える幼児総合施設の詳細が明らかになっていないこともあり、文教委員会では、陳情審査を厳正、的確に行うためにも、品川区の施設を実際に訪問し、今後の審査の参考にするということもあり、今回の視察となりました。

今回うかがった「ぷりすくーる西五反田」は、公設民営型の幼保融合化施設として、多様な保育ニーズに対応しています。指定管理者制度を活用し、非営利活動法人「子育て品川」に、管理運営を任せています。実施している事業は、0~2歳児部門が、品川区立ぷりすくーる西五反田保育園(児童福祉法に定める認可保育園)3~5歳児部門が、品川区立ぷりすくーる西五反田幼児教育施設、それに、品川区立ぷりすくーる西五反田地域子育て支援センター(子育て広場事業を実施)の3事業です。長年、私立幼稚園の園長先生をされていた方たちを中心に運営されている「子育て品川」が、委託されているだけあり、幼稚園の教育をベースとした保育が行われていることが、特徴的であると思いました。品川区の子育て世代を定着させようという住宅政策などとも連動し、しっかりした計画の上になりたっていることを感じ、考えさせられることがおおいにありました。幼児総合施設あるいは、幼保一元化という考え方が、今後の大きな保育を考える流れになっていくことは、間違いありません。

公設公営か、公設民営か、民設民営かを、考える前に中野区では、区立の幼稚園を今後どうして行くべきなのかを真剣に、考えなくてはいけません。ここで、しっかりと検討していくことが、今後の中野区の子育て支援や、幼児教育をどうして行くかという方向性を導き出すに他ならないと感じています。





医療制度改革・勉強会




久保りかHP  

12月19日(月)午前、公明党本部にて行われた坂口力前厚生労働省大臣による「医療制度改革」の勉強会に参加しました。政府・与党は来年度の医療制度改革に向けて大綱を決定しました。これで、年金、介護、医療の社会保証制度の全ての見直しが行われることになります。超高齢社会を向かえ、持続可能な医療制度のあり方とは、どういったものなのか。
わが党では、介護予防の重要性を訴え続けてきましたが、予防と早期発見、早期治療が適切な医療費抑制のためにも重要なことは、間違いありません。勉強会では、他の先進国との医療提供体制の比較を示し、入院期間や病床数が日本は、非常に高いことなどをあげながら、医師や看護士の数が、人口に対して不足しているというのではなく、病床数に置き換えると足りていないという現実を紹介しました。病床数を減らし、入院期間を短くする(2週間程度)、その代わり中間施設(グループホーム、特養、老健施設など)の充実を図り、受け皿を作っていくなどの話がありました。また、診療報酬の見直しや、高齢者医療費の負担などについても説明がありました。
それにしても、受け皿となる施設が現在不足していることは、明らかです。入院期間が短くても健康な状態で病院を出られるわけではなく、介護を必用とされる場合もあります。自宅では、介護できないという現状もあります。介護を必用としない健康な高齢社会は理想ではありますが、介護を必用とした場合の受け皿を充実させる(費用負担の面でも)ことが、課題であると感じています。




東京警察病院視察




  久保りかHP

警察大学校跡地に建設中の東京警察病院

平成17年第4回定例会が、昨日終了いたしました。
今回の議会では、区立幼稚園の廃園に関連する陳情が、私の所属する文教委員会に付託され、活発な議論が展開されました。この問題に関しては、いずれ詳しく触れるとして、本日は、警察大学校跡地に建設中の東京警察病院の視察についてのリポートです。
東京警察病院については、区民の皆様の署名活動等の後押しのおかげにより、着々と開院に向けての準備が進んでいます。
本日は、建設現場の状況を視察するとともに、工事の進捗状況などについて、説明をうかがいました。皆さんとのお約束通り、19年度中(20年3月)開院を目指し、工事は無事に進んでおります。地下2階、地上9階の建物の中に、「高度・急性規医療機能」「災害対応機能」「地域医療の基幹機能」「職域及び職域関連医療機能」等を兼ね備えています。災害拠点という視点に立ち、地下2階に備蓄倉庫の設置、停電しても3日間程度は大丈夫な自家発電、緊急時にエントランスホールでも医療行為が行えるような設備、屋上のヘリポートなど、様々な機能が充実されています。
病床数は431床、診療科目は19科目と充実されていますが、議員団としては、「女性専用外来の設置」「高度小児救急医療の導入」など、診療機能の更なる充実のために要望をし続けています。




「なかのん」運行開始




久保りかHP

平成17年11月30日、コミュニティバス「なかのん」が、運行開始しました。
上鷺宮・鷺宮から、中野までの直接のアクセスは30年とも40年とも言われる長きに渡っての地域の課題でした。多くの区民の声、議会での真剣な議論、中野区の前向きな取り組み、バス事業者の努力等、多くの力が集結してのこの「なかのん」の誕生となりました。
開通式が行われたサンプラザ前バス停には、上鷺や鷺宮からも地域の方が駆けつけてくださり、盛大な開通式を開催することができました。
私も八成小学校バス停から、開通式に向けてサービス運行された「なかのん」に乗りました。「感無量!」でした。一緒に、乗車された方たちの喜びの声や、登校中の北中生の興味しんしんな明るい視線に、このバスが本当に望まれてきたこと、未来への夢を託していることを実感しました。
多くの方が利用してくださって、中野のまちの賑わいと我が地域の架け橋となっていくことを望んでいます。





(株)ロックフィールドの工場を視察




安藤忠雄先生の作品を鑑賞する

久保りかHP 久保りかHP

11月15日、16日の二日間で、伊東市の野間自由幼稚園と磐田市の(株)ロックフィールドの工場を視察に行って参りました。実は、この2つの施設は、どちらも建築家・安藤忠雄氏の作品です。野間自由幼稚園は、安藤氏が初めて設計した幼稚園であり、ロックフィールドは、初めての工場の設計です。安藤作品ということで、知ることの出来た施設ではありましたが建物探訪?に、出かけて来た訳ではありません。
写真右側が、野間自由幼稚園の広い縁側です。日本の昔の住宅や建物には、縁側がありましたね。
美しい芝生の園庭。





パキスタン大地震救援募金




  久保りかHP

パキスタン大地震救援募金に公明党中野総支部として参加する久保りか

10月22日(土)午後、公明党中野総支部は「中野区パキスタン大地震被災者救援の会」に協力し中野駅北口での救援募金活動に参加しました。
雨の中、通行中の方々が足を止め募金活動に協力をして下さいました。ありがとうございました。
マスコミ報道によれば、400万人を超える被災者、51000人を越える死者と地震による被害は、日を追って増えているようです。パキスタンは、日本と同様に、これから寒い冬を迎えると先日もパキスタンに駐在していたことがあるという方にお話をうかがいました。
新聞には、連日、家や学校を失い自分を取り巻く全ての環境が変わってしまった、それでも瞳がきらきらと輝く子どもたちの姿が報道されています。この子どもたちの明るい未来のために一日も早い復興を祈らずにはいられません。





コミュニティバス(愛称:なかのん)




上鷺宮・鷺宮地域から中野駅までの直通のコミュニティバスのバス停が決まりました。

10月20日の中野駅周辺整備・交通対策特別委員会で、上鷺宮・鷺宮地域から中野駅周辺へ直接アクセスできるコミュニティバスの運行に関する説明があり、バス停留所の発表もありました。
コミュニティバス(愛称:なかのん)に関する詳細な内容は、

1.運行主体は、関東バス株式会社になります。

2.中野駅北口から早稲田通り、環状7号線、新青梅街道を経由し、上鷺宮5丁目、鷺宮6丁目を運行し、杉並区井草2丁目までの往復。片道約6.5kmです。

3.運行時間・回数は、概ね午前8時から午後6時台まで 1日27便(25分間隔)
中野駅方面(八成小学校発)  始発:午前7時50分  終発:午後6時40分
井草2丁目方面(中野駅)   始発:午前8時35分  終発:午後6時10分
片道の所要時間は約30分

4.運 賃
大人:210円、小人:110円
(シルバーパス、バス共通カード等利用可)

5.バス車両・台数
小型・ノンステップバス4台(3台で運行、1台は予備車)

6.運行開始時期
平成17年11月末から12月初め

このバスの運行に関しては、地域の方からの長い間の要望であり、久保りかも議会での質問などを通じ提案してきたことです。いち早く、皆さんにお知らせしたいと思いホームページに載せることにしました。

久保りかHP





災害に強いオール電化の街づくりに関する見学会




久保りかHP

東京電力の見学会へ参加

平成17年10月11日(火)飯島謹一議員、斉藤高輝議員、輿水敏明議員と共に、「災害に強いオール電化の街づくりに関する見学会」に、参加しました。
見学先は、箱崎地域熱供給(東京都市サービス(株))、晴海アイランド地域熱供給(東京都市サービス(株))、TEPCO銀座館(東京電力(株))の三施設です。
省エネルギー都市を実現することを目的とした地域熱供給事業の視察は、今後の地球環境の保護や、災害に強い街づくりを考えるうえで、大変興味深く有意義なものとなりました。





ダンススポーツフェスティバル




久保りかHP

田中先生とガッツポーズ!

10月8日(土)からの三連休は、区内の行事や区民相談、地域の皆さんとの懇談会などに参加いたしました。
写真は、9日(日)田中ナースリー保育園の親子運動会で園長先生と写したものです。
田中ナースリーさんには、各種行事のたびに声をかけて頂きお伺いしています。
明るい園の雰囲気が居心地良くて、気さくで素敵な園長先生や一生懸命な保育士の皆さんとの子育て談義に花が咲きます。それに何より、可愛い園児の皆さんの顔を見に行くのがとても楽しみです。
10日の日には、中野体育館で開催された「ダンススポーツフェスティバル」(中野区ダンス連盟)に、来賓としてお招き頂き、老若男女問わずに、活き活きと美しく踊られる姿に惚れ惚れとし、来年こそは少しでも踊れるようになった参加したい!と、思ってしまいました。





商店街道路メンテナンス




久保りかHP 久保りかHP

商店会の方や青年部と共に道路補修に汗を流す久保りか区議

6月6日(月)、公明党鷺宮支部青年部は都立家政商店街の皆さんと共に商店街道路のメンテナンスをお手伝いしました。これまでにも青年部は、地域活動として火の用心など地道な活動を続けて来ました。
今回のメンテナンスは道路の劣化を補修し都立家政商店街を利用する歩行者の皆さんの安全を守ることを目的としています。
街の安全のために、また大切な地域の商店街を守るためにこれからも青年部の皆さんと力を合わせ頑張って参ります。





街頭演説




久保りかHP 

5月9日(月)、高倉良生区議(都議選中野区予定候補)は久保りか区議、女性青年党員らとともに鷺ノ宮駅北口で街頭演説を行いました。
9日から女性専用車両が導入されたのを受け、その導入について、署名活動を展開し北側一雄国交相(公明党)に要望したり、国会や都議会で実現を求めるなど、公明党が推進役を果たしてきたことを紹介しました。
9日から、首都圏の鉄道9社が女性専用車両を一斉に導入し、西武新宿線でも、平日、西武新宿駅に7時20分~9時20分に到着するすべての急行・通勤急行・準急(計29本)の先頭車両に設置されたことを報告し、「今後も女性専用車両の一層の充実を図っていきたい」と決意を述べました。





防災訓練「防災サバイバル IN 中野」




久保りかHP 久保りかHP

4月17日(日)、公明党中野総支部青年部主催による防災訓練「防災サバイバル IN 中野」が中野区役所横の囲井町公園でを開催され、女子青年党員ら約400人が参加しました。
公明党から鰐淵洋子女性局次長(参議院員)、高倉良生区議(都議選予定候補)も駆けつけ、炊き出し訓練、消火訓練、応急手当講習などに参加し汗を流しました。
高倉区議は、「中野駅北口の警察大学校等移転跡地への防災公園設置や、木造住宅密集地域の耐震・不燃化を推進するなど災害に強く、安心・安全なまちづくりに全力で取り組む」と語りました。





認知症高齢者グループホーム“ほっとステーション鐡庵”




久保りかHP 久保りかHP

4月15日(金)昼、高倉良生議員(都議選予定候補)をはじめとする公明党区議団は、6月1日にオープンする中野区初の認知症高齢者グループホーム“ほっとステーション鐡庵”(安福清子代表、今井康明ホーム長)を訪問しました。

この施設の建設された場所は、神田進さん(故人)のご家族が、区の福祉事業などに利用してほしいと約500m2の土地を中野区に寄贈されたものです。

入居定員18名(1ユニット9名)、全室個室です。施設の見学後、高倉良生区議を中心に懇談を行い、入居者の申し込み状況などをうかがいました。

明るい室内と、高齢者に対する配慮の行き届いた施設に、地域からも期待の声が寄せられています。





屋上緑化見本園視察




久保りかHP
久保りかHP

4月15日(金)、高倉良生議員(都議選予定候補者)をはじめとする公明党区議団は中野区役所3階屋上に開設された屋上緑化見本園を視察しました。
議員団が議会の場などで強く事業化を要望してきた事項です。
屋上緑化は緑の増加や、ヒートアイランド現象の緩和に効果があるとされ、また断熱効果による冷暖房費の節約にもつながります。
今回区が開設した見本園は芝生区画、セダム区画などによる施行例の紹介や壁面緑化に適したつる性植物の展示なども行っています。
また、屋上緑化の6つの庭園タイプの紹介もされています。見本園は予約制で誰でも見学可能です。












ADL対応型高齢者体操視察




久保りかHP 久保りかHP

4月4日(月)、高倉良生区議会議員(都議選予定候補)は、聖母ホーム(新宿区中落合)で行っているADL対応型高齢者体操の視察を行いました。
同ホームでは、“楽しい楽しい元気の出る体操”を推奨しています。 佐野公美子さん(健康運動士・介護福祉士・ADL対応型高齢者体操上級公認指導者)の体操指導のもと入所している高齢者の方々が、この体操に参加されています。
高倉議員は体操に加わり、参加者と懇談を行い、「場所と指導者がいれば、安全で長く続ける ことのできる体操は、身近で簡単に出来る介護予防として大変効果的であると感じました。多く の高齢者の方にこうした機会をつくっていきたい。」と、介護予防の充実に取り組む意欲を語り ました。 これには、岡本いさお、梁川妙子、久保りか議員が同行しました。





生命輝く女性フォーラム




 久保りかHP

3月14日(月)、中野ゼロ大ホールに於いて公明党中野総支部女性局主催の「生命輝く女性フォーラム」が開催されました。
これには高倉良生区議(都議選中野区予定候補)、橋本辰二郎都議、党代表代行の浜四津敏子参議院議員そして、日本さい帯血バンク支援ボランティアの会 有田美智世代表、などが出席しました。
区議団の久保りか議員が司会を、開会のあいさつを梁川妙子議員が行いました。 はじめにあいさつに立った橋本辰二郎都議は、32年間の都議会での活動を振り返り、環境・公害問題として東京の河川の浄化と水害対策に取り組む中で、隅田川の花火の復活などの成果をあげられたことは、党員支持者の協力による」と感謝をのべたうえ、「高倉良生の勝利なくして私の使命は終わらない」と万感の思いを語り、協力を呼びかけました。
続いて登壇した、高倉良生議員(都議選中野区予定候補)は、開催中の区議会第1回定例会の報告を行い、「区議会議員として6年間、1500件の区民相談が寄せられ、ひとつひとつに誠実に対応する中、議員団の政策として区政に反映することができた」と述べました。
そして、「神戸大地震」の際のボランティアとして活動した体験を語り、「安心・安全の東京都を築き女性が、子どもが、そしてみんなの生命輝く中野を再生させたい」と決意を訴えました。
有田さんは、自身の骨髄バンク立ち上げ運動の体験を通して「公明党は多くの制度を作ってくれた。」と述べ、「さい帯血移植も2000例を超えた。政治が生命を救ったという実例である。 また、命を授けてくれた医療スタッフ、ボランティアそして推進してくれた公明党に心より感謝する」と講演しました。
最後に挨拶した浜四津敏子代表代行は、「公明党は一人の声を聞き、さい帯血の署名を語り、保険適用まで進めた。」と述べたうえ、ある医師から「浜四津さん、白血病は今や不治の病ではありません。治る病気です。」と言われたことを紹介し、 「国会、地方の議員が連携を取り合って対応するネットワーク政党だから実績がある。現場の声を政治に生かすことができる。」と最近の実績を報告しました。
そして、高倉予定候補の人柄に触れ、「情熱、正義感あふれ何より誠実な高倉さんにお力を、公明党に支援を」と訴えました。





要望書提出




 久保りかHP

中野総支部(江口総支部長)は高倉良生区議を先頭に3月7日、田中中野区長に、安心・安全、医療、子どもなどに関する課題についての署名を添えて要望を行いました。
これには、区議団とともに女性局の伊藤、阿部、手塚、村田氏も参加し区長に実態を訴え、強力な取り組みを要望しました。
これに対し、区長は「子ども医療費は17年度より厳しい財政状況の中だが、小学生全員の入院費補助を予定している。公明党が議会で後押しをしてくれたおかげで良かったと思っている」と応じ「安心・安全、警察病院、健康など公明党が提案していただくことで施策を進めやすくなる。ありがたいことだ。検討する。」と、今後の施策の展開を約束しました。
総支部では、2月から

■ 女性や子どもが「安全」「安心」に暮らせるまちに
中野区内にスーパー防犯灯の設置を

■ 介護予防などの充実でいきいき健康長寿社会を

区内の高齢者施設に筋トレ機器の増設を

■ 少子化対策と子育て支援に役立つ
中学3年まで対象の「子ども医療費助成制度」の創設や児童手当の拡充を

■ 少子化対策と子育て支援に役立つ
中学3年まで対象の「子ども医療費助成制度」の創設や児童手当の拡充を

についての署名活動を進めてきました。

それぞれご協力頂いた署名の数は以下の通りです。

「女性や子どもが・・・」について 32899名
「介護予防など・・・」について 24976名
「女性専門外来の・・・」について 33539名
「少子化対策と・・・」について 29573名
本当にたくさんの皆様にご協力を頂くことができました。
この場をお借りして御礼を申し上げます。





新春街頭演説会




 久保りかHP

2005年の開幕にあたり、公明党中野区議団は1月2日午前、中野駅北口で「新春街頭演説会」を開催しました。これには橋本辰二郎都議会副議長も参加しました。