=NEW(最新記事)=

ご挨拶

いつも温かな励ましを賜り、誠にありがとうございます。
4期16年「小さな声を聴く力」を大切に安全・安心に暮らせる
中野のまちづくりのために粘り強く取り組んで参りました。
誰もが輝くユニバーサル社会の実現が私の掲げるビジョンです。
「災害に強いまち中野」
「障がい者・高齢者が快適に暮らせるまち中野」
「子育てが楽しくなるまち中野」
中野のまちの“プランナー”として、これからも全力で走り抜いて参ります。
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

久保りか

最新記事

議会最終日に反対討論に立ちました




議会最終日に反対討論に立ちました

平成30年第4回定例会の最終日(12月14日)の本会議において、久保りかは
公明党議員団を代表し「第86号議案 中野区知的障害者生活寮条例を廃止する条例」に対し、反対の討論に立ちました。(討論内容は下段に)本議案は、公明党自民党など反対多数で否決されました。
また、今定例会では公明党が「議員提出議案第21号 中野区議会議員定数条例の一部を改正する条例」を提案「議員定数を現在の42から、2減らし40に変更する」ことを訴えました。しかし、この条例は共産党、立憲民主、自民党などの反対により残念ながら可決されませんでした。

全文はこちら



区民生活に直結する課題全54項目を提出!




区民生活に直結する課題全54項目を提出!

11月12日、公明党議員団は「2019年政策・予算要望」を酒井直人中野区長に対し、行いました。
災害対策、子育て支援、中野駅周辺まちづくり、西武新宿線開かずの踏切解消など、区民生活に直結する課題全54項目を提出させて頂きました。

次年度の予算に反映出来るよう取り組むとともに、区民サービスを向上するために全力で頑張ります!