ご挨拶

皆さま、こんにちは
中野区議会議員の久保りかです。
党員、支持者の皆さまのご支援を賜り、平成27年4月、4期目の当選を果たさせて頂くことが出来ました。 公明党の中野区議会議員として、日々、区民の皆さまの福祉の向上、中野のまちの発展、子どもたちの未来のために全力で働いてまいります。

現在、私が取り組んでいる中野の課題は、

●首都直下地震への対策、安全で安心なまちづくり
●高齢者、障がい者、子育て中の方、子どもたち、誰にとっても暮らしやすいユニバーサルデザインのまづくり
●2020年の東京オリンピックを見据えた、観光・賑わいのまちづくり
●幼児教育、学校教育、家庭の教育力の向上、保育園の待機児童解消、若者支援、安心して生み育てられる中野のまちづくり
●西武新宿線の踏切渋滞解消と沿線の暮らしやすいまちづくり

住んで良かった、住んでいることが幸せと思って頂ける中野のまちづくりのために、久保りかは、走り続けます。

どうぞこれからも皆さまのお声を久保りかに、お聞かせください。

最新記事

平成29年度予算要望を行いました




久保りかHP

公明党議員団は、11月15日、田中大輔中野区長に対し、「平成29年度予算要望」を行いました。
昨今の自然災害、また、都区内での犯罪状況を鑑み、区民の安全安心な暮らしを守るための施策等を含めた37項目に亘っての要望となりました。
要望は、「東京オリンピック・パラリンピックに向けたまちづくり」「地域包括ケアシステムスタートに向けた取組みの強化」「高齢者・障がい者が安心して暮らせるまちづくり」「子育て・教育の充実」「災害に強いまちづくり」「住んで良かった中野のまちづくり」「区民の健康を守るための取組み」「地域活動支援の拡充」の8つのカテゴリに、それぞれ具体的な施策や取組の充実を記しています。
田中大輔中野区長からは、「基本的な考え方、方向性は一致している」とのコメントがありました。
公明党議員団は、今後、地域の皆様からのお声を元に作成した予算要望の実現を目指し、さらに議会質問や活動を通じ取り組んでまいります。